【経営全般】サブスク商品が作れないか考えてみる

このエントリーをはてなブックマークに追加


サブスクリプション(通称、サブスク)方式とは…

<ウィキペディアより>
サブスクリプション方式は
ビジネスモデルの1つ。

利用者はモノを買い取るのではなく、
モノの利用権を借りて
利用した期間に応じて料金を支払う方式。

コンピュータのソフトウェアの利用形態
として採用されることも多い。

(ウィキペディアより)


所有から、必要な時に利用する
に意識が変わってきた、

インターネット等、情報技術が
進化してきた、

ことによりサブスクが浸透してきたようです。


例えば

・ネットフリックス(映画・ドラマ)

・Spotify(音楽)

・Oisix(野菜)

等の大手が有名ですね。

その他、進化系ではありますが、

街のコーヒースタンド、居酒屋、散髪
洋服、カバンから

はたまた、車や家など大型のものまで、、、

枚挙にいとまがありません。


これらは古くは「会員制」と呼ばれていた
ものかも知れませんね。
会員であることにより使い放題であったと。


サービス業もサブスクの考え方を用いて
色々な商品が作れると思います。

物販でも可能と思います。

僕の業界でもサブスクをヒントにした
と思われる商品が出てきました。


なんでもそうだと思いますが

v心が動いた時、
自分の商売に落とせないか
考えてみることは必要ではないかと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク