残存者利益を追求する、という生き方もある

このエントリーをはてなブックマークに追加


「残存者利益」という言葉があります。

成長期は、競合する企業が増えていき
競争が激化します。
売上は上がっていますが、
販促費・人件費・新規出店費用など出ていくお金も多く、
キャッシュは残りません。

成熟期は、競合する企業がぽつぽつと
消えていきます。
成長期の競争に負けてしまったからです。
そうすると、生き残った企業は、うまいやり方をすれば、
価格を上げることができ、利益を残せます。

(中小企業は、付加価値を上げ、
値上げを目指すべきと考えます)

衰退期になると、競合はいません。
自社でガンガン販促をかけなくても
一定の知名度があるので、少なくなった固定客が
たまに購入して下さいます。
贅沢をしなければ「残存者利益」で一定期間は
食っていけます。


一時期、同業者が多かったが最近は少なくなったと
思われる業種は意外に多いようです。
そのような業種に属している企業は
今後、残存者利益で食っていくことも出来ます。

自社の固定費を極限まで減らしたうえで、
固定客が頻繁ではなくても、ずっと自社を
使ってくれることが前提ですけど…

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す