温故知新

このエントリーをはてなブックマークに追加


外出先から帰り、家のポストをのぞくといろいろな
チラシが入っています。
その多くは、不動産、飲食店のチラシです。
最近はマッサージ等サービス業が増えたように思います。

疲れた人が増えてきたのでしょうか?

先日、対話専門お話しサービスのチラシが入っていました。
なかなか人には言えない、愚痴や相談を聞いてくれるようです。


昔読んだドラッカーさんの本に
「変化が起こるとビジネスチャンスが生まれる」
と書かれていたような記憶があります。

・SNS疲れの人が増えた、
・おひとり様が増加した、
・デフレの進行により低価格商品が増え至る所に
ひずみが生じている、(=格差の拡大?)
等が関係しているのでしょうか?


魚屋さん、肉屋さん、八百屋さんなど
いわゆる業種店が近所にあった昭和の時代は、
買い物をしながら店主に家庭のグチや
生活上の悩みを話していたのではないでしょうか?

ということであれは、昭和の頃のように、
店頭でお客様と密なコミュニケーションを取ることだけで
差別化につながる可能性は高いはずです。

ご自身のビジネスに何か応用できませんか?
大手はなかなかできないように思いますが…

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す