【経営全般】資金調達の準備を始めておこう

このエントリーをはてなブックマークに追加


コロナ禍で大変な世の中です。

「将来の自分の仕事は
どうなるんだろう?」
と考え不安になる…

そんな日々を過ごしている
人も多いと思います。

(もちろん僕も例外では
ありません)


ニュースでは
飲食業やサービス業の窮状が
取り上げられていますが、

それ以外の業種も
コロナの影響を
受けていると思います。


金融機関も例外ではありません。

コロナ禍以前より
低金利・IT化の進展が続き
厳しい経営環境となっていました。

そこにコロナが追い打ちをかけます。

そんな金融機関、今は、
追加融資や条件変更の申し込みが
増え始めているそうです。


改めて記すほどではないかも
知れませんが…

金融機関としては
お金を貸した後、
元本を利子と共に回収できれば
ビジネスとして成立します。

しかし回収できなければ
損失となります。


損失が膨らめば当然に
金融機関は潰れてしまいます。

ということもあって
今後ますます

【事業者の状況によっては
支援のお断り・打ち切りもあり得る】

と考える金融機関は
増えるものと思います。

言葉を変えるなら
【事業者の選別が厳しくなる】
と思うのです。

(逆に言えば、
事業者側も金融機関を選別する
時代かも知れませんが…)


以上は、
公的セクターが金融機関の貸し出しを
支援するケースは考慮しておりません。


(話変わって…)

僕は事業者側に立って
資料を作り
金融機関に何度も通い
資金調達した経験があります。

その時は、診断士目線で
資料を作っていました。

そして今、
(詳しいことは記しませんが)
金融周りの仕事で稟議書を
書くこともします。

立場が違えば
「こうまで欲しい(作りたい)
資料が変わってくるか…」
と痛感してます。


さて、さて…

事業者としては、そんな
金融機関の状況を鑑み

必要であれば資金調達の
準備を初めておく方が
良いと思います。

コロナは(今のところ)
まだまだ収束を迎えそうに
ないからです。


ぶっちゃけで言えば、
金融機関は

【貸ししたお金が返ってくるのか】
が一番気になります。

なので

「事業者が継続的に
どれだけ返済に回せる
お金を準備できるか」
を気にします。

言葉を変えるなら
償還財源が確保できるか
が気になる。


そのための
事業者が作る資料は

金融機関(担当者)が
納得するように数字を使って、

かつ稟議を書きやすいよう
論理的に書くのが良いと思います。


予め担当者が
疑問に思うであろうことを
リストアップし、

それに漏れなく答える
資料を作っておくことが
重要と思います。

今のうちだと考えます。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク