【よもやま話】経費削減の3K

このエントリーをはてなブックマークに追加


リーマンショックや
東日本大震災の数か月後、

電車の中づり広告が
見事になくなりました。

駅構内の広告も同様です。

これは
景気が冷え込み
収入が減った広告主が
経費を削減したからです。


景気が冷え込むと
まず削減される経費に
『3K』があります。

それは
・交通費
・交際費
・広告宣伝費
のことです。


現在はコロナショックで
相当景気が冷え込んでいます。

しかし契約期間があるのか、

現時点では思ったほど
電車内の広告は減っていません。

が、今からはもっと広告が
減ってくるものと推測します。

また、リモートワークにより
交通費も削減されている模様。

経済がシュリンク傾向に
入ってしまった。


ちなみに…ネット情報によると

JR東日本の2020年1~3月は
営業利益が▲463億円だそうです。

前年は+443億円だったのに…

その差約900億円。

3か月でこの数字。
でかい!!!


国としては…

コロナウィルス感染防止対策
を行いつつ、
経済を回すことをしないと

財政がどんどん痛んでしまう。

経済が落ち込むと
国の税収が激減するからです。

一方支出はこれまでにないほど
増えているのに…

今後も現役&将来世代に
つけが回っていく一方。

来年、再来年の出生数は減るのかもな~
と思います。

何かが構造的におかしいのかも
知れませんね。

P.S.
コロナがリーマンや東日本大震災と
違うところは、一過性ではないところ。

リーマンショックや東日本大震災は
一度ドカン!と来て、
後は回復していくのみ。

しかしコロナは
第二波、第三波が懸念される。
何時まで続くかわからない。

そこにいやらしさを感じます。
不気味です。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク