【経営全般】鳥瞰&長期の視点を忘れずにいたい

このエントリーをはてなブックマークに追加


北海道函館市

僕の曖昧な記憶によると…
これまで4回行ってます。

五稜郭に行ったり、
名物のイカを頂いたり、

ロープウェイに乗って
函館山から夜景を見たことも
あります。


その、世界三大夜景の一つ
函館山からの夜景ですが、

コロナのおかげで
街が全体的に
暗くなって見えるそう。

観光地でもある函館では
観光客が減りホテルの部屋の
明かりが灯らない。

タクシー等車両の通行が減り
ライトの明かりも減った
とのこと。


しかし、それらは
コロナによる一過性の変化かも
知れません。

逆に言うと、
一過性の変化だから、余計
目につくのかも知れません。

(もちろん一過性ではなく
今後長引く可能性も十分ありますが…)

それよりも僕は
・人口が減り空き家が増えている、
・後継者がなく街の店舗が減っている

それらにより街が暗くなっている
ことの方が重大と思います。


そしてこれらの変化は
何年も前から常態化していたはず…


長期間に亘る変化は、
その土地に住んでいると気づかない
場合が多いと思います。

じんわり変化していきますから…

変化は
・(他との)比較
・統計などの数字で時系列で把握

等によりある程度意識化できる
のではないでしょうか。


(話変わって…)

多くの人は
目の前に問題があると
そこにばかりに目が向き
全体を見ることが出来ません。

その結果、あたふたして
無駄な動きをしがちです。

僕もそうです。


しかし、経営を行うに当たっては

「場当たり的対応」
よりも

「鳥瞰&長期の視点を有した
戦略的対応」の方が良いはず。


コロナによる急速な変化も
ある中ですが

常態化している変化の中にも
新たなビジネスチャンスがあるかも
知れません。

クールヘッド&ウォームハート
を意識したいと思います。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク