【経営全般】時に意図してゴネよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加


世の中、僕にはわからないことだらけ。

例えば年金制度。

経緯からすると、
また社会情勢の変化からすると

致し方ない面もあるかも知れませんが、

難しすぎて頭の悪い僕にはわからない。


頭のいい人達が、いくら、

「年金制度は
1階の上に、2階が乗っており、
更に3階がある…」
と言っても、何のこっちゃです。

親亀の上に子亀を乗せて、
子亀の上に孫亀を乗せて…

という歌があったような
気がしますが

「年金制度は亀か?」
と言いたくなる。

亀制度も公務員、自営業者、勤め人で
違っている。

更に確定給付とか確定拠出とか
耳慣れない制度もあるよう。

やっぱりわからない…


また税制。

消費税、所得税、法人税、法人事業税、
固定資産税、相続税…などなど…

時限的な税率もある。

政策的意図があるのでしょうけど
こちらもやっぱりわからない…


これらはしょうがない面もある
(ような気がするので)
一定の理解は示しますが、

頭のいい人がわざとやっているのでは…

と疑いたくもなるのです。

頭の悪い情報弱者な
僕みたいな人を食い物にしている?
って感じることも…


(話変わって…)

詳しいことは書けませんが、

知り合いの経営者が

「●●について先方が▲▲と言ってきた。
おかしいとは思いつつも、
(立場的には向こうが上なので)
ほとんど言い返さなかった」

という旨のメールを下さいました。

それを読んだ僕は、
「しょうがないかも…」と感じながらも
心のどこかで”ムカっ”と来ていました。

その後、少しして、その経営者から
再度メールを頂きました。

「どうしても納得できなかったので
もう一度電話をして、
”責任者(説明できる人)を出して”
と交渉した。

しかし、なかなか相手も応じてくれなかった。

それでゴネて、何分か粘った。

そうしたら相手が折れて、
結局こちらの主張が通った」

とのこと。

2通目のメールを読んだ僕は
怒りで体温が2度上がってしまった。


ゴネるのが良いなんて全く思いません。

しかし自分が納得できない理不尽なことに
対しては食い下がることも必要かと思います。


まずは自分で調べる。

わからなかったら人に聞いてみる。

それでも納得いかなかったらゴネる、
ことは必要だと感じた一件でした。


頭のいい人たちが
情報の非対称性を利用し
良い思いをしている場合も

悲しいかな、この世の中には
そんなことがあるような気がします。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク