【よもやま話】この機会にちょこっと環境整備

このエントリーをはてなブックマークに追加


僕の引っ越し遍歴です。

生まれ育った広島県広島市から始まり

⇒東京都日野市
⇒山形県天童市
⇒山形県天童市内で転居
⇒新潟県東三条市
⇒広島県広島市
⇒東京都東大和市
⇒東京都新宿区西新宿
⇒東京都新宿区四谷

と8か所に移り住んできました。

このうち
「公共交通機関の便」は
今が一番良いです。

その優位性が新型コロナウィルスで
揺らいでしまうかも…


これまで生活した場所を振り返ると…

どこもそれなりに良い場所でしたが
当時抱いていた感情に紐づいて

「心地よかったと記憶している場所」

「いまいち心地よくなかったと
記憶している場所」

に分かれるような気がします。

逆に考えれば、
どこに住んでも気持ちが高位安定していれば
「心地よい場所」になるのだろうと思います。


流行り歌を聞けば、
その頃のことを思い出す

それと似ていますね。

(いや、似てないか…笑)


さて、さて、今住んでいる場所は、

広さ的には十分と言えないながら、
(僕は広いスペースが苦手ということもあり)
満足です。

買い物や食事に行くにも楽です。


強いて嫌なところを挙げるなら…

僕のパソコンデスク
を置いてある場所が、

窓から入る自然光が届きにくく

また夏は風が通らず暑く、
冬は日が当たらず寒いこと。

あとは、
お風呂とトイレが一緒のところかな~。

(本音としては、贅沢な悩みと思っていますが)


ここ数日は、

家に居る時間が増えたので、
パソコンデスク周りを片付けるべく

・書類をシュレダーにかける
・もう読まないであろう本を処分する
・インクが出ないなど使えない文房具を捨てる
・外付けハードディスクを初期化し、
更に物理的に壊すなどして処分する

などをしています。

(しかし、大してスッキリした感じはない…
これって物が多すぎだからか???)


また以前から持っていた折り畳み机を
心地よく使えるようにもしました。

この折り畳み机は天板の大きさが
50cm×38cmしかなく、
PCを置いたらノートやペン、本等が
置けず、ほとんど使ってませんでした。

そこで厚さ1.5㎝×横60㎝×38㎝の木製の板を、

100円ショップで買ってきた2つの万力で
机の天板からずらして固定し使っています。

これで物を置ける面積が倍近くになりました。


ということで、これからは

日の光を求めて、
また風の通る場所を求めて、
いつでも机ごと移動できるように
なりました。

う~ん、快適!

なんとなくヤドカリの気分。


そこでご提案!

たまには職場や
生活している場所の
配置換えをするのも
良いかも知れません。

・置いてあるものを左から右へ移す
・使う頻度の高いものを近くにまとめ
使う頻度の低いものを遠ざける
などでも良いかと思います。

気分転換にもなりますよ。

きっと
要らないものに気づいたり
「こうすると効率よいじゃん」
などとも思えるはず。

P.S.

僕は仕事上、地方に行く機会も多く
東京駅や羽田空港に近い
今の場所に住むことを決めました。

しかし…

今後、地方に行く仕事が減れば
交通の便が良いここに住む意味は
無くなってしまうかも…


東京に住むのは通算で20年を超えました。
人生で一番長く住んでいるのが東京に
なってしまいました。

でも今後は…
環境の劇的変化によって
東京に住み続けることが困難になるかも
知れません。

いつでもどこへでも
移住できる気構えでいようと思っています。


「これで良い」
「これが常態」
と思っていることをもう一度
見つめなおすと何か新たな発見があるかも…

新型コロナウィルスさんのおかげで
色々な気づきがあります。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク