【経営全般】テレワーク時代に必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、テレワークをしているはずの
知人に問い合わせのメールをしました。

しかし何時間待っても返信が来ないので
痺れを切らし電話をかけてみました。

すると…

「正直ほとんどネットに繋いでいません。
ですので澁川さんからメールを頂いたのに
気づいてませんでした。

ネットに繋ぐとネットサーフィンするなどし
コロナ関係のネガティブ情報をどうしても見て
しまうから嫌なんです」

とおっしゃいました。

そして

「もっと正直に言うと、今散歩中で〜す。
外は気持ちいいで~す♪♪♪

テレワークと言ってもやれることが
ほとんどないんですぅぅぅ」

と言われました。


その方はとても素直かつ正直な方で
隠し事をなさいません。

そして…

その方の言動は
至極正常なことと思います。


普通に考えて

気乗りしない作業
気持ちが入らないこと

それだと集中できません。

やっぱり遊ぶはずですよね!


今後(部分的かもしれませんが)
テレワークは広まり、
そして定着していくはず
と思っています。

その時に、会社(経営者)は

「どうやって監視しよう」
という問いを立てるのではなく

「会社の理念や目標と
働いてる人の目標や成長意欲を
どうリンクさせれば良いか」

という問いを立てるべきだと思います。


言い換えるなら

「作業をさせる」
から
「自発的に考え行動するよう促す」

に発想を転換することが
必要と考えます。


例えばですが、

会社(経営者)は、従業員に対し、

「何か利益が出せる案を考えてきて。
それで利益が出ればみんなでシェアしよう」

などという宿題を出すのも良いかもしれません。

宿題を出された従業員は
自分の持ち味を活かした良い案を
持ってきてくれるかも知れません。

その案は、その従業員にとって
モチベーションが上がること
間違いなし!

すると最初は結果が出ないかも
知れませんが、
気が付いたら利益が出るように
なる可能性も高いと思います。


これもコロナが我々にくれた
ギフト(良い機会)なのかもしれません。

これまでくすぶらせていた
想いを持ち続けていたり、

自分を律する方法を知っている

などの人がこれからの時代
頭角を現すような気がします。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク