【事業承継】世代間における認識ギャップを修正する習慣を持つ

このエントリーをはてなブックマークに追加


盛岡駅ビル、カフェでのこと。

僕は2時間くらいそのカフェに居ました。
周囲の人は入れ替わり立ち替わりという状況。

周りを見渡すと、
どちらかというと20代の若い方が
多かったように思います。

僕は聞くともなしに
その人たちの会話を聞いていました。


僕の右側に座っていた
20代、女の子の会話。

A「明日はどこでやるの?」

B「大宮だよ」


僕の左側に座っていた
20代、男の子の会話。

C「この前、自由が丘の
〇〇ってレストランに行った」

D「俺も行ったことある」


これらの会話を聞いて、僕は
「え~~~」って思いました。

だって岩手県盛岡市での会話ですから。


しかし何故、この人たちは首都圏の
ことについて普通に話しているのか?

首都圏の大学等に通っていて
連休を利用し、盛岡に帰ってきているのか?


考えてみれば…

盛岡から東京まで、
一番早い新幹線で2時間15分くらい。

情報は手のひらの上の端末から
好きなだけ拾える。

そんな時代です。

東北と言えば「おしん」の
イメージが付きまとう
僕の認識は完全に過去のもの。

僕の中にある認識を改めなければ
なりませんね。


僕が日々感じる上記のような
認識ギャップが、
世代の違いによっても起こります。

これからは時代の変化がますます
早くなると思われるので、
このギャップは広がっていく
一方のように感じます。


新しい情報に触れ続け、
自分の認識をアップデートしていかないと
事業承継は進まないのだろうな~

と感じた瞬間でした。

P.S.
そのカフェにいた人は皆標準語でした。
話の内容から地元の人と察せるのに…

あと感じたのは
女の子の口や態度が少し悪いこと。

股を広げ椅子に座り
「カネねー」と言われると

僕は古い人間なので
「それってどうなんだろう」
と思ってしまいます。

その他、これはおじさん・おばさんにも
言えるのですが、スマホゲームしすぎ
な印象があります。

身体とか変調をきたさないか心配!

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク