【経営全般】諦めずにいることと、しがみつくこと

このエントリーをはてなブックマークに追加


只今、コロナウイルスが
猛威をふるっていますが、
経済への影響はまだ読めない
ところだと思います。

とはいえ訪日外国人は減っており、
外国人を目当てに営業している
店舗の売上は減っているとのこと。

僕が都内を歩いていても
特に中国人を中心とした観光客が
減っていることを肌で感じます。

また中国は日本のサプライチェーンに
組み込まれているようですので、
中国経済の不振は日本の製造業にも
影響を与え始めているものと推察します。

今後、多大な負の影響が出なければ…
と願うばかりです。


さて、コロナウイルスなど突発的なことは
なかなか予測できないですが、

上記のように

それでもある程度の未来を読むことは出来ます。

いたずらに騒ぎ立てることは必要ないですが、
何も対策せずにいるのは危険と思います。


コロナウィルスとは違い、
日本の人口変化は
かなりの精度で予測できます。

そんな
人口の未来予想を(わざと)直視せず、
競合などを含めた業界動向を知ろうとせず、
これまでと変わらぬ考え方を有したままで

果たして明るい未来は来るのでしょうか?

僕には…

お嫌とは思いますが…

現実を直視しないで
これまで通りの価値観でいることは
(少しきつい表現かもしれませんが)

しがみついている
ようにしか見えません。


時々、スポーツ選手などが

「あきらめないで良かった」
などとコメントしていますが、

あれは、現実を直視したうえで、

【最悪を想定し、備えてきた】

から言える言葉だと思います。


何も見に行くことなく、何に備えるでもなく、
これまで通り現業を
ただこなしているだけで良いのだろうか?

疑問に感じる場面があります。

(ちなみに…僕は僕自身に対し、

何か新しいものを見に行くでもなく、
備えている訳でもないので、

「これで良いのか?」
と強く疑問に思うことがあります。

そういう時は辛い気持ちになります)


これからは現業にしがみつくのではなく
何かを諦めて(捨てて)、

違う何かを始めなければならないケースも
多くなるように思います。

これだけ時代の変化が早いので
固執していてはダメになってしまう
と思っています。


そのためには

・外の情報に触れ続ける

・「これしかない」などと
仕事を固定化して考えない

・住む場所も固定化して考えない

・所属する組織がある人は
「組織が自分を守ってくれる」なんて
幻想は抱かない

(確か、トヨタが、
「終身雇用はもう続けられない…」
と言ったのですよね。そういう時代です)

・身体を労わる

・楽しみを見つける

などが必要だと思います。


何にもしがみつかないで
身軽にしておいて

未知の世界に足を踏み入れることは
チャンスと捉えられるくらいに

柔軟でいようと思います。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク