【経営全般】インサイト

このエントリーをはてなブックマークに追加


相変わらず
kindleで電子書籍を買うものの、
読むのが遅く溜まる一方。

(焦る.汗)

なのに…
年末もkindle本40%オフ
のセールがあり、
つい何冊も買ってしまった。


さて、そんなkindle

読み終わるのに
どれくらいの時間がかかるか
が表示されます。

昨年買った
『insight(インサイト)
~いまの自分を正しく知り、
仕事と人生を劇的に変える自己認識の力』

という本は、
は読み終わるまで約10時間かかると
表示されていました。

でも躊躇なく”ぽちっ”としてしまいました。


何故、読むのに10時間もかかる本を買ったのか?

それは…
最近、僕の周辺で「インサイト」という
言葉を耳にするようになり、
興味を持ち始めたタイミングだったからです。


インサイトという言葉は耳慣れない方も
多いと思います。

僕もはじめ聞いた時「車の名前???」
と思いました(笑)

現在でもその意味を
しっかり理解しているとは言いづらいのですが…

一般的には「洞察」と訳されるようです。

「洞察」にはさらに幾つかの関連する
意味があり

「情報の断片」「物事の内的性質」
「直感的に見る行為」「内省」
「鋭い観察と推論」
「識別」「知覚の力」

などがあるようです。

(↑ Wikipediaより抜粋)


この本では、インサイトのことを
「自己認識の力」という意味で用いています。

本の内容を一言で表現するなら

『誰もが自分のことはわかっていない』
です。


読みながら、以前、知り合いの女性に

「私って~、○○じゃないですか~。
わかりますよね~」

と言われたことを思い出し吹き出して
しまいました。

僕はその女性のことを
「○○じゃなく、△△だよ」
と常日頃から思っていたからです。

この状態は、ジョハリの窓でいう、
「他人が知っていて、自分が知らない自分」
のことですね。

※「ジョハリの窓」について
ご興味の方は検索してみてください。


本の中には多くの事例が載っています。
何だか身につまされます。

・自分が良いと思ってやったことでも
相手にとっては苦痛だった

・自分の経営判断は間違いないと
思い込み(異常に自分を鼓舞し)、
他人の意見を聞かず失敗する経営者

・多くの場合、他人は本当のことを
言ってくれずに、そっと去っていく。
もしくは放っておく

などです。

おーこわっ!


経営者は孤独なので
(本当の意味で)他人に相談できず
気づいたら、自分ひとり…

そんな状況に置かれることが多いと
感じます。

(僕にも思い当たる節がないわけではない)


そうならないために

・素直な気持ちで人の意見を聞き入れる
・思い込みを外す
・出来るだけ客観的な視点を持つ人からの
気付きを得る

必要があるな~と思いました。

P.S.
言うは易し…

ではあるけれど、こうして時々
自省しないとまずいとも思っています。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク