【店舗経営】アンケートに応えて思ったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、服を買いに行きました。

僕はファッションに疎いので
衣料品を見に店に行くことは
ほとんどないのですが…

一昔前との価格の違いに驚きました。

何店舗か見たのですが、
どこもホント安かったです。


消費者としては嬉しいことかも
知れませんが、正直僕は
『大丈夫か、この国は!』
と思いました。

デフレ脱却は遠い!
そんな気がします。

また、この安さを実現するために
泣いている人達が世界にいるはず。

「誰がアパレルを殺すか」
を読んだので、余計、
アパレルの未来に思いをはせざるを
得ませんでした。


俗に言う

『儲かる仕事(職種)』
がジワジワなくなっている!
そんな実感がありますね~。

「う~ん、なんだかな~
国民の大多数がゆっくり貧しくなってる」
って感じがします。

大前研一さんの言葉
「ゆっくりと衰退していく
美しい国、日本」
という言葉が頭を巡ります。


さて、さて、話を戻して…

ある衣料品店にて
会計を済ませ店を出ようとすると
店員さんが近づいて来て

「お時間は1分くらいですので
アンケートにお答えいただけますか?」
と聞いてきました。

僕が「良いですよ」とにこやかに
答えると、
「ではこちらでお願いします」
と旧型のiPhoneを渡されました。


旧型iPhoneに示される画面に従い
今住んでいるところの郵便番号を
入力した後は、

年代、性別、来店手段のほか、
来店頻度、今回の来店のきっかけ、
などを選択式で回答。

あっという間に終わりました。

内容からすると、
商品開発、店づくりのためではなく、
集客方法を策定するためのアンケート
のような気がします。


旧型のiPhoneは世の中に余っている
と思うので、安く借りることができる
のでしょうね。

データなので集計も超楽だと思います。


時代に合わせITを使って作業を効率化
すると、生産性が上がって企業収益は
向上するのでしょうけど、
雇用機会は確実に奪われますね。

これまで一般的にアンケートは、
聞き取る人が必要でしたし、
アンケートの回答をPCに入力するなどし
データ化する人が必要でした。

さらにそれを分析する人も…

これらの人が一気に必要なくなるの
でしょうから、
世の中変わったものです。


旧来の考え方に固執することの
怖さを思いました。

確固たる自分の考えを持ったうえで
情報を取りに行き続けなければ
取り残される時代になったのかも
知れません。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク