【経営全般】10年前を振り返り、10年後を想像する

このエントリーをはてなブックマークに追加


地方にある企業に訪問した時のこと。

「10年前、商圏内には〇〇人の方が
住んでいらっしゃいました。
今は〇〇人です。減少率は〇%。

これについてどのように思いますか?」

と経営者にお聞きすると

「そんなに減っているのですか?
何となく感じてはいたのですが…」

との返答。

次に、
「10年前の御社の売上は…」
とお話しし、それを
さらに客数と客単価に分解し
グラフ化して示しします。


実際に数字(もしくはビジュアル)
にすると、
やはりインパクトがあるようです。

10年前の商環境と今の商環境とでは
全く変わっているので、一拍置いて考えると
数字の変化は当たり前なのですが…

なかなか日常に紛れて気づかないもの
だと思います。


僕自身、現場に出ていき、
従業員さんのお話を聞き
自分がこれまで持っていた常識を
書き換えなければいけないと
思うこと多々ありです。

10年前とは世の中が構造的に変わっているので
小手先の改善で業績が回復することは
ほとんどなくなっている現状を
認識せざるを得ません。


10年前、今の世の中になるなんて
誰が想像できたかと考えると、
ほとんどの人が想像できなかったと
思うのです。

ということは10年後なんて
もっと技術革新が進んでるはずなので
想像は出来ないはず。


今の僕にできるのは、

情報を取り続ける(学ぶ気持ちを忘れない)
ことなのかなと思います。

あとは、現状に拘泥せず
身軽でいることかな…と思います。

『機械やITに任せられることは任せよう』

『僕にしか出来ないことを探していこう』

『変化を恐れるのではなく、楽しんでいこう』

と思います。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク