【経営全般】インプット→考える→アウトプット

このエントリーをはてなブックマークに追加


(自分が悪いのですが…)
僕は学生の頃、全く勉強しませんでした。

そのため成績はいつも低空飛行!
地面にぶつかり大破する寸前でした。

冗談交じりだと信じたいのですが…

高校の進路指導の先生からは
「お前の偏差値では、行ける大学は
日本に3つくらいしかない」
と言われたほどです(涙)

※その時、僕は心の中で、
「自分の成績でも日本中探せば
3つもいける大学がある」
と思ったのは内緒です(笑)


「これじゃ、残りの人生
まずいことになるかも…
今のままじゃいかん!」
と思い、本を読み始めたのは
20代後半でしょうか。

その後はちょこちょこ資格を
取ったり、
セミナーに参加するなどし
勉強してます。


しかしせっかく勉強しても
そこで終わっていることが
多いのも、実際のところ。

僕は勉強したことを何も
実践してないわけです。


本来であるなら

①まずは勉強して知識を入れる。
または情報を仕入れる。

次に

②自分の頭で考える
「本質的にはどういうことだろう」
とか
「自分が勉強した(仕入れた)
知識を使うとしたらどうすれば良いか」
などを自分の頭で考える。

最後に

③実践する。
ケガしない範囲で
そろりそろりとやってみる。

ことが重要ではないかと
やっと気いた気もする
2018年暮れ。

(↑ 遅すぎ!?)


(話変わって…)

僕とは真逆パターンの方も
いらっしゃるようです。

勉強もせず(知識を得ようともせず)、
自分の頭で考えることもせず、
とっととやってしまう人です。

経営に携わっている方が
このパターンだとどうなのでしょう?

自社が置かれている環境を見ることなく、
自社内の状態を把握することなく、
どこに向かうべきかも考えず、
やみくもに設備投資をしてしまう…


きっと…

・何らかの理由で早く着手したい
気持ちが強くなっている

・早く成果を出さなければ
ならないと焦っている

などの事情があるのでしょう。

ですが、よくよく考えてから
実行しないと、
取り返しのつかなくなる
可能性はどんどん高くなる…

なんてこともあります。


昨今、「すぐやれ!」「今やれ!」
と煽ってくる人が多いようにも
思いますが、

順番は

インプット

(自分の頭で)考える

アウトプット

だと思います。

これ大道!

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク