【経営全般】企業も定期的に健康診断を受けた方が良いと思う

このエントリーをはてなブックマークに追加


食欲の秋ですが、
僕にとっては「健康診断の秋」です。

ここ10年近く、秋になると
健康診断を受け、その数週間後、
病院から結果を知らされています。


昨年の健康診断の結果は
好ましくないものでした。

体重は増えており、
総コレステロールと
悪玉コレステロールの値が
高く出てました。

診察して下さった先生からは
「このままでは糖尿病か
心筋梗塞等になってしまいますよ」
と脅されました。

その時、僕は心底、
「ひえ~」と思いました。

現状の数値を知り、
今後の予測を聞かされ
僕は危機感を抱いた訳です。


そこで対策を考え1年間実行しました。

<対策その1:体重計を買い記録>

体重の他、体脂肪、骨量、筋肉量、
内臓脂肪等が図れる体重計を買いました。
そして3日ごとに、その体重計に乗り、
体重と体脂肪、内臓脂肪の数値を
ノートにつけて行きました。

<対策その2:食事に気を付ける>

外食ではフライや揚げ物は極力さけ、
魚を食べるようになりました。
それも出来るだけ青魚。
あと野菜も意識して摂るように
なりました。
その他、晩御飯のお米の摂取量を
減らしました。

<対策その3:運動>

意識して歩くようになりました。
東京の地下鉄は駅と駅の間隔が短いので、
1駅とか2駅分は歩くようにしています。


その結果、
体重は1年で9.1㎏減りました。

しかし、
残念ながら総コレステロールと
悪玉コレステロールは
思ったように減りませんでした。

来年は、今の体重を維持しながら、
総コレステロールと
悪玉コレステロールの値を
今年比5%減らそうと思います。


振り返ると…

昨年の今頃、僕は現状を数値で示され、
ドクターから厳しい言葉を頂きました。

これがなければ絶対に
危機感は抱きませんでした。

そして体重や体脂肪の推移は
一切気にせず、
好きなものを好きなだけ食べて、
運動もしなかったと思います。


一年前の健康診断を受け、僕は、

目標数値を立て、
必要なもの(体脂肪計)を買い、
習慣づけるために記録を
録り始めました。

僕のように現状と
今後起こりうる可能性のある
リスクを知る機会って、
経営にも必要
じゃないかとしみじみ感じます。


まずはご自身で財務諸表に
載っている数字の推移を確かめる
ことから始めると良いと思います。

例えば
・現預金の推移
・短期および長期の借入金の推移
・自己資本の推移

・売上高の推移
・売上高利益率の推移
・営業利益の推移

・売上高対人件費比率の推移
・売上高総利益対人件費の比率
(=労働分配率)の推移
などです。

そして悪化しているなど
気になる数字があれば
現場の状況を確認してみて下さい。

P.S.

毎年、健康診断とともに、
がん検診も一緒に受けています。

今年も、肺も、胃も、大腸も、
異常は見らませんでした。

ありがたいことです!!!


1か月前くらいから腰痛です。
これまで腰痛を感じた思ったことは
無かったのですが…

最近僕の周りは腰痛の人が増えました。
なんでだろう?

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク