【店舗経営】広島駅西と尾道の商店街の共通点

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日はカープがクライマックスシリーズを
征しました。
その時、僕は友人と、
広島駅の西側にある飲食店が集積する場所
(通称、エキニシ)で飲んでました。


エキニシは、ごちゃごちゃとした
感じのところです。
連棟式の建物で、小さな飲食店が
ひしめき合っています。

ほんの数年前までは、
全くといって良いほど人が歩いておらず、
半分以上が空店舗であったような
記憶があります。

(おぼろげな記憶ではありますが…)


それが今では、工夫をこらした店舗が
軒を連ねています。

昨日入った飲食店について…
店作りも、料理も、接客も大変勉強になりました。


さらに常連のお客様もおもしろく良かった。

「2度目はある?(リピートする?)」
と誰かから聞かれれば、
迷わず「うん」と答える。
そんな店でした。


さて、さて、今日は尾道を歩きました。

土曜日ということもあってか、
尾道駅前の広場でイベントをしていました。

天気もよく、お子様を連れたご家族や
観光客、サイクリスト達が沢山いました。

 

次に尾道駅前から続く、
長いアーケード商店街を歩きました。
商店街の中では駅前広場とは

別のイベントを行っていました。
こちらも結構な数の方が
歩いていらっしゃいました。


かつての尾道の商店街は閑散としていた
ように記憶しています。

暗く、寂しいイメージがありました。


僕は、自分の仕事ととして、
エキニシや尾道に関わったことはありません。

ですので、内情を全く知りません。

それを前提に以下よりお読み下さい。


エキニシと尾道の商店街の共通点です。

▼チェーン店を入れない姿勢を貫いている

全国的に見ると、商店街衰退の理由の一つが
「チェーン店に入居してもらう」ことです。
しかし、エキニシも尾道の商店街も
チェーン店はただの1店舗もないようです。

 

▼個店の間口は狭い

店舗がひしめき合っている感じがします。
このことが良い方に作用しています。

 

▼「古いこと」を「レトロ感」と書き換え、強みにしてい

新しい、綺麗、計画的が
今時のショッピングセンターとすると
その真逆を行っています。
それが良い雰囲気を醸成しています。

 

▼「若い風」を取り込んでいる

若い経営者の店舗をちらほら見ることが出来ます。
取り扱い商品(料理)や店作りが
尖っているので面白いです。

 

▼女性を意識している

女性を意識した店舗構成、商品構成にしています。
それが効果的に働いています。
女性客を多く見かけました。

 

▼そぞろ歩きが出来る

ゆったり店を見ながら、
「次に気に入った店があったら入ってみよう」
と思わせる雰囲気があります。

 


エキニシも、尾道の商店街も空店舗が劇的に
減っている気がします。

個店が活性化する。
そんな姿を見るととても嬉しい!

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク