【よもやま話】情報は取りに行かねば

このエントリーをはてなブックマークに追加


先日、久々にお会いした
中小企業診断士Aさんとの会話です。

Aさん
「そう言えば…
○○の運用基準が変わったの知ってる?」


「え~~~、知らないっす」

Aさん
「別件で調べものしていたら、
◎◎のHPにたどり着いたんだ。
それを見ていたら○○の運用基準が
変わったって書いてあったよ。
変わったところの内容はね、
かくかくしかじか…」


「えー、知らなかったです。
何でそんな大事なことを誰も教えて
くれないのか!プンプン!!!」

Aさん
「澁川君、情報はね、
自分で取りに行かないといけないんだよ」


「そうでした…」


そーなんです!

世の中、情報は自分で取りに
行かなければいけないのです。
もし自ら率先して
情報を取りに行かないならば
「損をしていた」
ってことにもなりかねない。

実際問題、
「知らなかったーーー」
と地団太踏んで泣き叫んでも
”後の祭り”となっている
ことも多いと思います。

(もしくは知らないまま生活し続け、
少しずつ搾取されていたなど…)


何か、問題が発生した時に、
ネットで調べる、詳しい人に聞く、
電話等で問い合わせるなどをする。

そんなひと手間を惜しんで
損をしている人はいっぱいるのだろうな~
と思えた出来事でした。

僕も気を付けよっと。

P.S.
有益な情報であればあるほど
有料の場合も多いです。

(しかも値段は結構高い)

そんな時は、
少しロングスパンで費用対効果を考えれば
良いものと思います。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク