【店舗運営】いつの間にか飯食うところがなくなっていた

このエントリーをはてなブックマークに追加


昨日、嫁がいなくなった。

といっても3泊4日で
東北の実家に帰ったようです。

結婚している男性諸氏には
ご賛同頂けると思いますが、

「何だか、嬉しい!ウキウキする!!」
そんな感じです(笑)

別に嫁と喧嘩している訳でも、
一緒に居て嫌な訳ではありませんが…

何だかソワソワ浮足立ってます。


年に2~3回、
嫁がいない時があるのですが、

その数日間、
いつも有意義な時間を過ごせて
いないな~と思ってきました。

いつもと同じ生活パターンで
過ごすか、
だらだらとTVを見たり…

「いや~なんだか勿体ない!!!」

そのため、今回はやりたいこと
リストを書き出しました。


例えば…

・牛丼屋で、牛皿を食べながらビールを飲む

(昔、腹が立って
しょうがない時期があり、
一人で深夜吉〇屋に行き
牛皿とビールをよく飲んでました)

・タコ焼き屋さんでタコ焼きを食べながら
ハイボールを飲む

・立ち食いステーキ屋さんでステーキを食べる

・インドネシア、タイ、マレーシアなどの
東南アジア料理を食べに行く

・夜の繁華街をふらつき
屋台村的な店に入り
一人で酒をちびりちびり飲む

などです。

(ここまで書いて)
何だかショボいな…
と思う。食うことばっかりじゃんか!

もっとスギちゃんのように
ワイルドなことが出来ないものかっ!

と自分を叱るの巻き…


上記以外にもう一つ、
リストアップしたことがあります。

それは

「僕が卒業した大学まで行き、
大学の近くで飯を食べる」

です。

昨日はそれを果たしてきました。


僕が通っていた大学は

最寄り駅を降りたあと、
徒歩で10分~15分
団地内にある坂を
上りきったところにあります。

その坂がとてもきついのです。

夏は大汗を書きながら
上ります。

冬の大雪の降った日は
山頂の大学からロープが降ろされ
それを伝って坂を上るとか…

(当大学には受験日に雪が降る
というジンクスがあるらしく
ロープが下りたことが
何度かあるらしい。

東京都は思えない.笑)


昨日、僕は、
その急な坂道を上りながら
ある友人の言葉を思い出しました。

30年以上前、
大学生だった僕は友人と2人で、
かったるそうにだらだらと
大学までの坂道を上っていました。

おもむろに友人が

「しぶ(←僕のこと)、見てみ。
みんな下を向いて黙々と坂を
上っているよね。
俺らの大学はそんなところだよな~」

と言いました。

「えっ」と答えると、
彼は続けて

「みんな普通のサラリーマン家庭の
子供だからバカ真面目なんだよね~。

”馬鹿らしくてこんな坂上れねーよ”
という奴もいない。

金を出し合ってタクシーで上ろうと
言い出す奴もほとんどいない」

と言いました。

そうなんです。
彼は昔から少し変わった
(大人びた)発言をする人でした。


あれから30年後の僕は、
当時と同じように急な坂道を
息を切らし上りながら、

「そうだよな~。
本当バカみたいだな~。

彼はあの頃から普通の人の考え方とは
違ったんだよな~」

と当時を懐かしく思いました。

ちなみに、その友人は、
大学卒業後のチャレンジを経て、
(多分、色々あって)
今は経営者をしています。

やっぱり
経営者になるような人間は
多くの人と違う考え方を
するものだと思います!


(話戻りまして…)

30年前は、坂の途中に、
また坂を上りきった辺りに
4、5軒の飲食店がありました。

しかし今は、
1軒しかないようでした。

(しかもその一軒も昨日は
休みでした)

団地の人は当時から飲食店を
利用していないようでした。

最近では、学生数も少なくなり
経営が成り立たなく
なったのでしょうか。


その後、坂を下り、
僕が当時住んでいたアパートや
バイトをしていた回転寿司屋・
ラーメン店も行ってみました。

バイト先は
どちらもなくなっていました。

栄枯盛衰とは言うものの…

懐かしい店がなくなっているのは
なんだか寂しいものだと思う
今日この頃です。

PS

僕が住んでいたアパートの最寄り駅は
新宿から特急で30分くらいなのですが、
人口減少に転じ始めているのでしょうか。

「売家」という看板を何軒かみました。
空き家がぼちぼち出始めているようです。


近隣にも多くの大学がある関係上、
ワンルームのアパートも多くある地区です。
その中には空き室があるアパートもあり
入居者を募集していました。

それで気づいたのですが、
最近のアパートは
Wi-Fiが使い放題のところが
多いようですね。

アパート前に
「当アパートではWi-Fi使い放題」
などという看板がついていました。


30年かけたこれらの変化と
同様の変化が、
今後は何年かかるのだろう…
と思いました。

きっともっともっとスピーディーに
変わっていくのだろうと思います。


いつも同じところにいると
少しづつの変化に気づかないものです。

「移動距離(体験差)が収入の差」
というのはわかる気がします。


昔から「小売業は立地産業」と
言われてきましたが、
飲食業の方が強烈に立地産業だと
思います。

出店を考える際には
最新の注意を払った方が良さそうです。

時代は変わる!!!

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク