【経営全般】経営リーダー層の「考える」を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加


皆さん忙しい。

IT機器が会社に入り
効率化が図られているはずなのに
ビジネスパーソンは忙しい。

家事を手伝う家電も
続々出てきたけれど
やっぱり忙しい。


中でも、経営リーダー層は
特に忙しいような気がします。

多くの中小企業の経営リーダー層は
プレイングマネジャーです。

現場の仕事もしなければいけない、
マネジメントもしなければいけない、
経理や総務など間接的な仕事も
しなければいけない…

家に帰れば、帰ったで、
家事・育児・介護など
やることが一杯!
という人もいることでしょう。


経営リーダー層の
やるべきことを細分化すると、
「作業」と「それ以外」に
分解できるはずです。

「作業」は自分がやらなくても
出来ることです。
お金で解決できると言い換えても
良いかと思います。

「それ以外」=「会社の将来について考えること」
は経営リーダー層にしかできません。


・今やっている「作業」はそもそも必要か?

・「作業」を楽に行うにはどうすれば良いか?

・従業員の士気を上げるにはどうすれば良いか?

・売上、利益を上げるにはどうすれば良いか?

・今の漠然とした不安はどうすれば解消できるか?

などは経営リーダー層が考えるしかありません。

経営リーダー層が「作業」に
謀殺されていては、
なかなか現状の「忙しい」から
抜け出すことは出来ないように思います。


「忙しい」から抜け出すには、
ツールを使うことと、隙間時間を使うこと
が肝だと思います。

僕が会社に勤めていた時は、

気づきはふとした瞬間に訪れますので、
ズボンの尻ポケットに、コンビニ等で売っている
小さいメモ帳を入れておく、

また、

付箋を使って
やらなきゃいけないことを書き出し、
嫌でも目に入るところに貼っておく、

などをしてきました。

現在は、電子手帳とA5のノート(ルーズリーフ)で
に落ち着きました。

どのようなメモツールを使うかは
それぞれが置かれている状況に
よるかと思います。

現代は、
スマホのボイスメモや
ボイスレコーダーを使っている
経営リーダーが多い、
と見聞きしてます。


ちなみに…
最近の僕は情報収集は耳からします。

セミナー音源を聞く、
オーディオブックを活用する
などです。

上記だと軽作業をしながらでも
出来るかと思います。

また、車であれ、公共交通機関であれ
移動中に聞くと効果は高いな~
と感じています。


上記を続けていると、

少し大きめな紙を広げて
問題の全体像を書き出したい、

とか、

一人で集中して考えたい、
と思うはずです。

そのために、車通勤の人は
5分間車の中で紙を広げて
熟考する時間を取る、

または、

お風呂の中で考える、
トイレに入っている間で考える、
などをすると良いかと思います。

僕の場合は、すぐ、
コーヒーショップに逃げ込みます。


「作業」は現場にいなければ出来ませんが、
「考えること」はいつでもできます。

というか、本当に悩んでいれば
車を運転していても、お風呂に入っていても
トイレに入っていても、テレビを見ていても、
もっと言うと寝ていても
ず~っと考えているはず。

しかし、得てして、そんな時は、
思考が堂々巡りにはまりがち。

抜け出すのは、集中できる時間を確保し、
紙に書き出すことが
やっぱり必要かと思います。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク