【店舗経営】やっぱりあの店だよね、と思って頂くには…

このエントリーをはてなブックマークに追加


「あ´~髪切りてー」と40日に1回くらい叫んでいます(笑)

前髪が視界に入る、
襟足に手をやるともさっとした感触が手のひらに伝わる。
そうなると居ても立っても居られなくなります。

一度「あ´~髪切りてー」と口にしてしまうと
散髪に行きたい欲求がどんどん高まってしまいます。

(ワシは子供かっ!?)


話は変わります。

自宅のポストの中には毎日多くのチラシが入っています。
その中に「水回りに関するトラブル業者」のものが
入っていることがあります。

縦3センチ、横8センチくらいの大きさに
「水のトラブル110番」などのキャッチフレーズ、
それに電話番号、業者名などが書かれています。

材質はゴムというか、プラスティックというか…
裏面はマグネットで冷蔵庫に貼れるようになっています。

なかなか考えているな~と思います。

・冷蔵庫は水回りに近い位置にある
・冷蔵庫は一日何回も見る
・マグネットであれば子供が学校でもらった
プリントなどが貼れる

などなど

一旦、冷蔵庫に貼ってもらえると、業者としては、
水のトラブルが起きるのを待つだけ。
放っておけば何年かに1回は
電話がかかってくるのでしょう。

(年始に配るカレンダーに自社の名前と電話番号を
記載するのも同じような効果がありますね)


複数の飲食店がある地域で
「なぜ、A店に行かなくなったのか?」という主旨の
アンケートを取ったことがあります。

一番多かった答えが「忘れたから」「気に止まらなかった」
というものでした。


・家の中でも自店のことを思い出してもらえないものか…
・嫌でも自店のことが視界に入るようにならないか…

そんなことを考えるのも良いかと思います。
うまいやり方を考えつくと、
長期にわたる効果が期待できるかも知れません。

PS
色々アイデアがありそうですね。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク