【経営全般】蝶のように舞い蜂のように刺す

このエントリーをはてなブックマークに追加


僕は、僕が保有する資格「中小企業診断士」
という名称を、自分の名刺に書き込んでいます。

そのため名刺交換をした際、
「中小企業診断士って何ですか?」と
聞かれることがあります。

そんな時は面倒なので
「国が認める唯一の経営コンサルタントです」
と回答することが多いです。

ところで
中小企業診断士と経営コンサルタントって、何が違うの?
という疑問を持たれたことはありませんでしょうか?
(正直どうでもよいでしょうけど…(笑))

明確な違いは僕にもよくわかりません。

ただ上記2つの職業は時代(景気)によって
求められるものが
びみょーに変わってきたように思います。


一般的には、なじみの薄い中小企業診断士や
経営コンサルタントですが、

現在、僕が持っているイメージは

・国などが提示する中小企業支援策を活用し、
企業が業績向上に向けて何らかの施策を実行する。
それを手助けするのが中小企業診断士

・比較的高額なコンサルタントフィーを請求し
企業に入り込み実態を調査し、
綺麗なパワーポイントを作成した上で
改善提案を行うのが経営コンサルタント

って感じかな~!?

あくまで僕個人が抱く
ざっくりとしたイメージですけど…


僕は、中小企業診断士と経営コンサルタントの
ハイブリッドを目指しています!!!

それもどちらかというと経営コンサルタント寄りの
中小企業診断士になりたいと資格を取った時から
思ってきました。
理由は、ドラスティックな改革を、どっぷり
企業に入り込んでお手伝いしたいからです!!!

(公的支援では、様々な制約があり、
どっぷり企業に入り込むのは難しいのです)


そんな中小企業診断士と経営コンサルタントに
共通するのは「外部人材」であるということ。

外部人材は、
自分の身一つで企業に乗り込み、仕事をします。

企業に入ると、従業員の中には冷ややかに
「何をしに来たのだ」
「お手並み拝見」
「現場も知らないくせに」
といった態度をとる方もいらっしゃいます。

そうなるとアウェー状態に陥ることもあります。

しかし、これも想定の範囲内です。
誰だって、よくわからない人に、
仕事の様子をジロジロ見られ
色々と質問されるのは嫌ですからね。

普通は良く分からない人であれば
警戒しますよね。


さて、さて…
僕たちは、基本的に、全部じゃないにしても
従来の仕事のやり方を否定した上で、
新しいやり方を導入します。
そうしないと今より業績は良くならないですから…

しかし、そのことに関しても抵抗を示す方がいます。
「これまでのやり方で良いのではないか。
下手に素人がいじくらないでくれ」
と…

一つ断っておきたいのが、
僕たちはむやみやたらに新しいことを
導入わけではありません。

競合や消費者、業界動向を見て、
さらに会社の財務内容、人材、業務フローを
分析し、新しいことを導入していきます。


従来のやり方に拘泥すること。
これは恒常性維持機能と呼ばれたりもします。
ホメオタシスとも言います。

生物が生きていくためには体温を一定に保っておく
必要があります。
このように一定に保つ(=変わりたくない)ことを
恒常性維持とかホメオタシスと呼ぶようです。

(誰でも恒常性維持機能・ホメオタシスは持っています。
僕も嫌になるほどたくさん持っています)

従来のやり方に拘泥する方たちは
「変わりたくない。今のままが良い」という
態度を全身で表現します。
言葉に出さなくても表情からうかがえる場合
多々ありです。

しかし、正解のない時代なので、成功確率が高いと
思われる施策を優先順位を付けた上で試していき、
都度都度PDCAを回していかなければいけない
はずなのですが…


そんなことを思うにつけ、

社長が健全なる危機感を持ち、
燃えるような改革への想いを持っていないと、
業態転換などのドラスティックな改革は
うまくいかないのではないかと感じます。

一旦、「変わりたくない。今のままが良い」と
主張した従業員に対し、
正しいロジックを用い納得できるよう説明しても
理解を示してもらうことは難しいようです。

ロジックのみでは彼らの感情を揺さぶることが
難しいからでしょうか。

彼らの感情を揺さぶることが出来るのは
最終的には社長の一言ではないかと思っています。


常に理想を掲げ、
感情を揺さぶる言葉(=改革を言い表すキーワードや
その必要性等)を口にし続けるリーダーの存在は
非常に大きいと思います。


改革の際、注意すべき点は、
新しいことに反対する野党的立場の人を
安易に辞めさせると、
社内に疑心暗鬼を生ずることです。

「社長はあの中小企業診断士(もしくは経営コンサルタント)
の言うことを聞かない人を退職させるんだ。
次は私かも知れない」
と思わせたらおしまいです。

組織の中で、一旦疑心暗鬼が生ずと
収束さえるのに多大な労力がかかってしまいますから。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク