【よもやま話】僕が思っている10のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の価値感であり、異論反論あるとは
思いますが、
以下は最近僕が考えている10のことです。

————————————-
1.人が生きている限り欲求は生まれる。
それに対応していければみんなハッピー
————————————-

人がいる限り需要はなくならないはず。
需要のある場所・分野に中小企業が移動し、
需要に見合った供給を続ければ、
みんなハッピーになるはず。

————————————-
2.理不尽なことはなくならない
————————————-

世の中、理不尽なことだらけ。
どんな人もヒエラルキー構造のどこかに
組み込まれている
それが初期設定だと思って生活する。

————————————-
3.事業承継対策は税制改正では解決しない
————————————-

事業承継が進まないのは相続税(贈与税)が
ネックになっているケースは少ないはず。
それより親子(親族)関係や
将来の事業性がネックになっていると思う。
「事業のこと」「感情のこと」が
おいてけぼりになっている気がしてならない。

————————————-
4.コミュニケーションを良好にすれば
業績は上がる
————————————-

中小企業の場合、戦略というより、
まずは組織(人・人間関係)づくり
に注力する。
コミュニケーションが良好になれば、
一定程度業績は向上するはず。

————————————-
5.小売業、飲食業
従来の手法ではもう限界
————————————-

地域間競争、業種間競争、ネット販売、
少子高齢化などリアル店舗を取り巻く
環境は厳しくなっている。
来店型店舗で生き残りを図っていくなら
これまでと違うことをし、お客様に対し
ご来店頂く新たな動機づけをしなければ
ならない。

————————————-
6.金融機関との関係を見直す
————————————-

地域金融機関は見直しを迫られている。
中小企業は地域金融機関と良好な関係を
築けるよう努力すべき。

————————————-
7.情報は取りに行く
————————————-

あっという間にルールが変わる時代。
積極的に情報を取りに行かないと、
井の中の蛙になる可能性が高い。

————————————-
8.AI、IoTにどんどん任せよう
————————————-

少子高齢化の日本。
AI、IoTに代表されるIT化は避けられないはず。
自分が楽になるため、任せられるのであれば、
ITに作業してもらおう。

————————————-
9.しがみつかず、手放す
————————————-

過去や物的なものを一旦捨ててしまおう。
知識や体験など見えないものを手に入れる
ために、お金を使った方が良いと思う。
固定資産税もかからないし場所も取らない。

————————————-
10.健康第一
————————————-

時間の切り売りをすればお金は手に入る。
しかし、健康を一旦失うと、取り戻すのに
多大なコストがかかる。
健康が一番!

僕自身、ほとんどできていませんが、
意識はしておこうと思います。

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク