AI診断士君

このエントリーをはてなブックマークに追加


中小企業診断士の会報に

『AI中小企業診断士の時代
~中小企業診断士の仕事は変わるのか?~』

という特集が組まれていました。

 

AI診断士君が活躍するという架空のストーリーで
話が展開されていきます。

 


・受注(電話でのご依頼。
ホントはAI同士のデータのやり取り)

・財務分析(データで送ってこられた財務諸表の
分析を行う。1秒で終わる)

・経営者の年齢、健康、後継者、
従業員、商品など企業情報を評価
(蓄積されたデータとの比較により
当該企業を評価する)

・パターン化された解決策を提案する

以上の流れをAI診断士君が一瞬で行ってしまう
というもの。

 


現在でも、コンピューターを用いた「戦略ゲーム」
というものが開発されています。

大手企業では社員教育として「戦略ゲーム」を
導入しています。

 

「競合の動きがAパターンからBパターンに変わった時、
自社が従業員を増やし、設備投資すると、利益が上がる」
といったパターンがプログラムに組まれているそう。

下手に人間が介在しない方がうまくいく分野が
これからは増えていくと思います。

 


我々としては、伸ばすべき能力が明確に
なってきたように思います。

この流れを「脅威(向かい風)」と考えず
「機会(追い風)」と考えたいものです。

 

Follow me!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク